できる限り毎日更新したいと思います。

前ページTOPページ次ページHOMEページ

夏至
2010/06/21
21日は、二十四節気の夏至。
太陽が頭上に位置し、北半球では昼が一番長くなり夜が一番短い日。
この時期に昨年定植した苗木を大きくするために夏芽の発生を利用します。
強く徒長した有葉化の先などの果実を果こう部分で切り落とし、その下の部分から強い夏芽を発生させ木の成長を促進させます。
「昨年定植した苗木」「果実の果こう部位で切る」「枝の先から夏芽が発生予定(7月中旬頃)」
薬剤散布
2010/06/16
共同による薬剤散布を行いました。
スプリンクラーで散布を行う組合組織(谷山薬散組合、灌水散布も兼ねる)で、25haを約3時間で散布終了し実施スタッフは7~8名で行います。
当園の農薬、灌水散布の95%は組合によるスプリンクラー散布です。
農薬散布の対象害虫は、チャノキアザミウマでみかんの果頂部への被害を防ぐためで、虫に侵されると商品価値が低下します。

梅雨入り宣言
2010/06/13
梅雨前線が北上し、近畿地方が梅雨入りに。
朝から一日中雨が降り続く。
この時期は湿度も低く、肌寒さを感じる。梅雨特有のじめじめ、蒸し暑さはもう少しさきかな。
雨模様と相性の良い紫陽花の花が一段と艶やかさを増してきました。
梅雨入りまじか、みかんの木に夏肥施肥
2010/06/12
暦の上では昨日が入梅。しかし、ここ2,3日は晴天の気候で今日も30度前後の夏日。
高石垣ファームでは、夏場にみかんの木の葉の光合成活動が活発にできるよう窒素の補給を行う栽培方法を実施しています。
地下部の根が一番多く発性する時期(7月中旬~)に、養分を根から吸収ができるよう、有機質肥料の魚粕を主体とした肥料の施肥を昨日今日(基準日は6月20日)と行いました。夏肥を基軸とした施肥体系が基本です。
御中元の星 バレイシヤオレンジが出番に!!
2010/06/10
気温が30度近くの夏日でしたが、湿度が30~40%なので凌ぎやすい一日。
カラオレンジから和歌山県特産バレイシヤオレンジ(純日本産)に販売のバトンタッチが始まろうとしています。
7月からが最盛期をむかえます。
    「自己紹介」          「私がバレイシヤオレンジです」
お届け指定日の宅配多いです
2010/06/06
お客様からご好評得てご注文頂いていますカラオレンジの宅配では、関東地域、千葉、埼玉以北は翌日午前中のお届けはできないので(翌日14時以降~のお届けとなる)、午前中お届け指定の場合は2日前に発送しています。
ジューンドロップが始まる
2010/06/02
みかん類の高貴な白い花が散り、子房が日ごとに膨らんだ愛らしい果実が、
この時期バラバラと落ちる、ジューンドロップ(生理落果)が始まっています。

    我がやどの花橘は散り過ぎて

         玉に貫くべく実になりけり
                      (大伴家持)

「万葉集」には、幼果をこよりで紡ぎアクセサリーとして身につけ楽しんだ様子の歌がいくつかあります。

一般的にみかんの成木で、みかんの花が開花し幼果が数万単位で誕生します。しかし、この幼果の95%は6月~7月上旬にかけ落果します。
地上部の果実や新葉と地下部の根との養分の奪い合いによって起こる激しい生理落果で、ジューンドロップと呼ばれている。

[黄色くなった果実が落果] [落果した幼果] [7月下旬からの摘果作業でさらに間引かれる]    
カラオレンジに販売衣替え
2010/06/01
水無月、6月衣替えの季節。 学生達も爽やかな通学模様。

不知火(デコポン)の販売もご好評を得て終了しました。ご購入戴きました皆様ありがとう御座いました。

今日からカラオレンジ(カラマンダリン)の販売に衣替えです。好評受付販売中です。よろしくお願い申し上げます。
冷やすとプラスαのご賞味ができます。
接ぎ木に新芽発生
2010/05/25
切り接ぎや、高接ぎ一挙更新した穂木から、新芽の発生が見られる様になりました。
「切り接ぎした穂木から新芽」「一挙更新した高接ぎ穂木から新芽」
赤ちゃん誕生し、大苗移植に新芽
2010/05/22
今年のみかんの開花は、さくらの開花と同じように、一時に咲き誇り散るのでなく、開花の期間が長いです。
気象の影響かと思われます。
みかん園には、沢山のみかんの赤ちゃんが誕生しています。
しかし、数日後には第一次生理落下の試練が待ち構えています。
4月3日に大苗を移植した木に沢山の新芽が発生しています。
「みかんの赤ちゃん誕生」    「大苗移植した木に新芽発生」

前ページTOPページ次ページHOMEページ

- Topics Board -