できる限り毎日更新したいと思います。

前ページTOPページ次ページHOMEページ

大人びてきました
2009/06/23
4月の上旬に定植した大苗や苗木は、発芽した春芽は大きく生長し葉が硬化し色も濃緑に変化し大人びてきました。夏芽の発生えのステージを順調に進んでいます。土壌を乾燥させない水分の補給がポイントです。
「大苗移植4月上旬」      「5月春芽」      「6月中旬春芽生長」
梅雨の雰囲気が
2009/06/22
北から前線が南下し今夜から明日未明にかけて雷雨予想。20日頃から天候が梅雨模様、しかし、まだまだ雨量が足りず。21日は夏至、夕方から曇りがちで夕暮れ時の長さはわからず。この時期、松の松食い虫防除の適期で20日に散布を行いました(前後20日間隔で3回散布)。初夏を迎え庭の花木も自己主張が始まりました。
「防除をすました門冠木の松」      「初夏を告げる花木」

「はるみ」オレンジの摘果はじめる
2009/06/19
今日も晴天で暑い1日、梅雨前線は南の海上に横たわっているのですが、いまいち太平洋高気圧の勢力が弱いのか前線を押し上げてくれません。ニンニク注射でもしてもらいたいですね…。春かんきつの「はるみ」の粗摘果(8月以降に仕上げ摘果を行います)を開始しました。デコポン、せとか、はるか、清見、カラ、その他と7月下旬まで作業が続きます。
園内に散水
2009/06/18
今月に入って、2回目の共同灌水(16日~。午前5時~午後10時)がはじまり、午後から散水が廻ってきました。2時間散水で20mmです。

夏の肥料を施肥
2009/06/17
明日、共同灌水の番がくるので、2日まえから夏肥を園内に施しました。梅雨の時期に施す肥料なので、別名梅雨肥とも言います。本来なら梅雨の雨で肥料(有機質)の腐りが進むのですがが、このところ晴天続きで、共同灌水を利用することにしました。有機質肥料で主成分はカツオの魚粕、良質アミノ酸が多く含まれ旨味成分に変化します。
苗木が大きく成長するため
2009/06/17
みかんの苗木を植えて2~3年の木は、夏芽を発生させたり、木を大きくするため負担をかけないよう上部から半分ぐらい果実を摘み取ります。
乾燥防止 
2009/06/17
14日、昨年植えたみかんの苗木の土壌乾燥を防ぐため、灌水をおこないサトウキビの搾り粕や葉っぱを苗木の周りに敷きつめました。
暦の上で入梅
2009/06/11
一昨日、梅雨入り発表されましたが、暦の上では今日入梅。発表しても、直後から晴天続きもあり明確に「いつからいつまで」と区切れる気象現象ではなさそう。それでも発表があるとなでか納得するから不思議な習慣かな。今日から1週間は晴天が続きそう。梅雨の前半は、平年並みか空梅雨で、後半末期にまとまった雨、豪雨要注意かな…。
梅雨入り
2009/06/10
昨日(9日)、近畿地方が梅雨入りとなりました。平年にくらべて2日、昨年(5/28,29)より12日遅くれです。今日の雨は梅雨の幕開けのしるしかな。みかんの木は、春の根が一番おおく発生する時期で水分を多く必要とします。梅雨の雨はみかんにとって大切です。新緑が日増しに濃くなってきました雨あがりの青葉はことさら美しく輝いてみえる季節です。
     「雨で生き返った紫陽花」    「雨上がりはことさら輝く青葉」
無事孵化して命が育むかな…
2009/06/08
昨日葉面散布の際、巣に雛2羽確認していたのですが今日の昼には、もぬけの殻…。よく見ると1つ卵を発見!!!。親鳥なのか2羽がこちらの気を引くかのように囀りながら近くを飛び廻っていた。
   「巣の卵」           「親鳥」

前ページTOPページ次ページHOMEページ

- Topics Board -