できる限り毎日更新したいと思います。

前ページTOPページ次ページHOMEページ

みかんの花(飛び花)発見/田口早生
2007/04/20
この時期みかん園は、あずき玉位の蕾が枝に沢山ついた状態のみかんの木を観ることができます。今年は豊作年で特に多いです。5月上旬の開花満開に先駆けて咲く飛び花の開花寸前の花を発見しました。明日には完全に開花しているとおもいます。あと2週間位するとみかん園の彼方此方で蕾の膨らみが大きくなり開花がはじまります。みかんの蜜の香りが漂うのもこの頃からです。
【この時期の蕾】    【飛び花①】        【飛び花②】
春も半ば
2007/04/18
春の気候は、ライオンのように入って羊の様に去って行くと言われますが、このところ、晴れていたかと思うとすぐに下り坂で春特有の天気を繰り返します。この時期はどんな動物に例えたらいいのかな…。今が旬の淡い花見月の花、もみじの新緑に和みを感じます。
           【紅白の花見月】                  【もみじ】
ふるさと産品
2007/04/15
友人の池尻さんより、ふるさと産品の注文を受け賜りました。池尻さんの同級生(大阪在住)が東京在住の同級生に有田地方ふるさとの美味しい産品を送りたいとのことでした(3人とも高校の先輩です)。なれ寿司、金山寺味噌、湯浅醤油、ポン酢、梅干し、卵、トマト(赤糖房)、そして当園の柑橘類、せとか、清見、カラオレンジ、八朔、三宝、黄金柑、みかんジュースなど14品目を宅配しました。 
【14品入ったふるさと産品】
大苗移植②
2007/04/13
昨日に引き続き由良早生の大苗移植を行い全部で9本実施し終了しました。移植した木は2年生の苗木を定植して6年経ってます。今年、移植した木に春芽→夏芽と順調に芽を吹かし樹勢が保てば来年実を成らすことが出来ます。
【定植の作業】       【定植】       【定植完了】
大苗移植①と巣
2007/04/12
由良早生の大苗移植を始めました。定植する場所は冬の間に整地済みです。作業中にみかんの木の隠った所に鳥名「あかじ」の巣を発見しました。これから『あかじの成長記』を時々レポートしたいと思います。
【移植に備え枝を整理し葉を落とします】【チェンブロッコで引き上げ】【巣】
清見オレンジ販売
2007/04/11
清見オレンジの販売も完売間近となりました。果汁が一杯で爽やかな甘さが好評です。近々ジュースが出来上がる予定です。
【選別される清見】      【果汁一杯さわやか甘さの清見】 【昨年の清見ジュース】
萌芽(春芽)と蕾
2007/04/10
桜の花も満開がすぎ、花びらが風に舞い落ち地面を覆っている光景を見かけるように成りました。みかんの萌芽も成長し、芽花や直花の蕾がはっきりわかる時期となり、白い繭に似た蕾に成長して行きます。沢山蕾が着いた木は、摘蕾といって間引いたり部分的に枝についている蕾を全部落します。たぶん一ヶ月先には蕾が開花し、みかんの花の満開期を迎えている事と思います。みかんの里有田地方は甘づっぱい香りに包まれます。
【萌芽(春芽)】    【花芽の蕾】   【直花の蕾】
苗木補植
2007/04/09
田口早生を二月に基盤整備を行った畑に補植しました。みかんの栽培のしめる割合で95%は田口早生で、残る0,5%は由良早生です。
【二年生の苗木定植】【夏芽か春芽に切り返す】【苗木の植えた園地】
人気の新品種『せとか』
2007/04/06
いま一番人気の新品種『せとか』(清見×アンコール)×マーコット)は今年もデコポンを越えるご注文を戴きました。7年まえから栽培し増産中です、昨日苗木を増植しまた。写真は清見オレンジの畑を計画的に『せとか』へ変える状況です。まず現状の清見にせとかを接ぎ木し樹間に苗木を定植します。苗木が一人前に大きくなるまで(5,6年)は、接ぎ木した木(2~3年で収穫)で経済活動をします。最終的に苗木が残り接ぎ木が伐採されます。味と品質に差ががあるからです。
【昨日植えた苗木】【接ぎ木、左が今年、右の大きい木は3年前】【右側は昨年接ぎ木と苗定植、左は3年前接ぎ木】
園内の基盤整備
2007/04/04
去る2月中に園内道の延長連結、段々畑の石垣積みによる園地作りなどの基盤整備を久保造園さんに依頼し行っていました。近々園地に田口早生の苗木を補植する予定です。
【園内道の工事】    【完成間近の園内道  】【久保造園さんによる石垣積み】

前ページTOPページ次ページHOMEページ

- Topics Board -