できる限り毎日更新したいと思います。

前ページTOPページ次ページHOMEページ

みかん園(家の裏山)からの風景②
2006/11/09
風景①【写左 家の東側】の続きです。写真奧にかけて、有田川町が広がって行きます。前方の山の彼方に世界遺産に登録された紀伊山脈の霊場、高野山が在ります。風景①②の写真4枚を頭の中でつなぎあわせてみかん山からの景色をイメージして下さい。
みかん園(家の裏山)からの風景①
2006/11/09
「天高く馬肥ゆる秋」、晩秋の晴天が続きます。日中の気温が高くても夜の冷え込みがあり、寒暖の差のメリハリを感じられる様になりました。ゆら早生は食味の良さで好評の内に8日をもって完売となりました。お買い上げ戴いきましたお客様には厚くお礼を申し上げます。有り難う御座いました。田口早生の収穫は25日以降を予定しておりますが、樹上での完熟度を見極めての収穫です、機械センサーで計る単なる糖度の高さでなく、あくまでも食味の熟成度をこだわりとして、お客様に満足の頂けるみかんをお届けしたいと思っています。美味しいみかんが出来るみかん園からの風景を一度ごらん下さい。                                                        【写左 家の東側 】 【写中 みかん山(南斜面)の下の家が自宅です。直ぐそばを国道42号が通り、左方向にはJRきのくに線、阪和道があり、藤並駅まで徒歩2分、吉備インターの料金所まで2分の所に位置しています】 【写右 家の西側で、右方向に約2キロで海(紀伊水道)にでます。 】

立冬
2006/11/07
きょうは、二十四節気の立冬で暦の上では冬。今年はそんな気候には感じられなくピンときませんねエ。二十四節気は、寒冷で大陸性の気候である中国・黄河流域の現象で作られたので、私達の地域に合わせるには少し無理があるかも。まして地球温暖化で以前より暖かくなっているので、ずれが大きく感じられます。しかし、植物は温度の影響を受けながらも日照時間の長短で時を刻んでいるように思います。みかんの色や果実の熟成度、園内にさく菊の花の時期、庭のドウダンツツジの紅葉、木犀の2回目の開花など、季節の移ろいをかんじます。                                                               【写左 ドウダンツツジの紅葉】【写中 園内に咲く菊の花 】【写右 蔵を背景に2回目開花の木犀】
キコクの実と飛行船
2006/11/05
何の関係もありませんが、飛行船が本日AM11:00頃家の前方に飛来し南の方角に飛行したので写しました。写真のキコクの実の内には沢山の種があり、その種を育成し、台木として活用し柑橘類(みかん、デコポン、清見、その他全て)の穂木や芽を接ぎ木します。それが、キコク台木の1年生苗、2年生苗として販売され柑橘農家は園地に定植します。
【写左 飛行船】 【写右 キコクの実】
みかん園の風景
2006/11/01
11月に入り、早生のみかんが色づいてきました。今の時点での平均糖度は11.4度、酸は0.95で、まろやかな食味を感じる味に仕上がりつつあります。収穫開始は11月25日からの予定です。
みかん狩り
2006/10/31
30日、海南第三中学校のテニス部の同窓生(S・17生)の方々が、白浜温泉での同窓会の帰りに来園されました。
第4回青年の船35周年記念大会へ
2006/10/31
去る28/29日、鳥取県・三朝温泉にて開催、出席してきました。5年ごとに開催されていますが35年の歳月は「光陰は矢のごとし」です。当時(昭和46年)の総理府の事業で全国から20歳~25歳までの青少年300名(男200、女100)が参加。51日間の日程で三井商船の客船「さくら丸」に乗船、東南アジア6ヶ国(フィリッピン、インドネシア、マレーシア、インド、シンガポール、台湾)を歴訪、各国の青年達(各国5~6名)と生活を共にし、歴史や文化を学び海外を視察することで見聞を広め、また日本の良さを再認識すると共に、お互いの理解を深め、友情の絆を築き日本各地区におけるリイダー育成が目的でした。同じ釜の飯を食べた仲間意識を強く感じます。300名の団員の他に、班長、渉外、総理府、文部省の職員、大学教授、その他で構成されていました。当時20歳代前半の団員は、50歳後半期、30歳代の班長は、還暦を超え、管理官、団長、副団長の先生方は80歳代になられています。また5年後の40周記念大会に再会出来ますことを楽しみにしています。
【写真前列中央が鳥取県・片山知事です。講演内容に感銘を受けました。】

ダイエット効果にゆら早生
2006/10/24
TV「あるある大辞典」でみかん&りんごダイエット効果が放映されました。ご覧になられた方もいらっしゃると思います。みかんでやせる方法として 1、食前に1個食べる。2、すじ袋ごと食べる。3、青いみかんを食べる。青いみかんにはシネフリンが多く含まれ、脂肪燃焼効果がアップし、2週間みかんを食べただけで平均2kgぐらいダイエットできそうです。みかんを食べてやせるタイプは、冷え性な人、運動不足な人、食生活が炭水化物中心な人、が効果あり。ゆら早生は、青いみかんの代表格だと思います。天然のサプリメントとして”ゆら早生”を!!
秋が駆け足に(灯台躑躅)
2006/10/21
昼間は気温の高い日(25度前後)が続きますが、みかんの色づきが昨日ぐらいから進んだ様に感じられます。また庭の灯台躑躅(ドウダンツツジ)にも色の変化の兆しが見受けられます。
ネット販売開始
2006/10/19
明日(20日)から、ゆら早生みかんのネット販売開始です。
家での直接販売は、食味食感が良いので人気バクハツで商品が追いつかない状態の時もあります。
【写真左 カタログ】 【写真中 Mサイズ総重量5kg】 【写真右 ワケアリ商品一番人気】

前ページTOPページ次ページHOMEページ

- Topics Board -