できる限り毎日更新したいと思います。

前ページTOPページ次ページHOMEページ

仏手柑の花
2006/05/31
仏手柑は正月の飾や生け花に使われます。香りがとても良く、黄色で形は仏様の手のようなユニークな果実です。生食は出来ませんが、砂糖漬けしたものが高野山で売られいるそうです。蕾から開花までの写真です
清見のジュース
2006/05/27
「スズメが朝早くさえずる時は晴れ」との諺がある。日の出10分前後から鳴き始める習性があるそうです。しかし最近スズメを見かけません…。曇りや雨の天候不順が続くのはそのせいかな?処でビックなニュースがあります待ちに待った”清見のジュース”が出来ました。ジューシーでまろやか、試飲して頂いた方々からは、みかんのジュース同様、他のジュースは飲めないと大好評です!、果汁100%、無添加で「安全、安心、健康」、ビタミンC、クエン酸で美容美肌に効果ありです。5本入りの箱を新商品として販売始めました。
カラマンダリン完売
2006/05/27
カラマンダリンの販売終了しました。お買い上げ戴き本当に有り難う御座いました。ご注文の多さに驚いています。お断りした方々には大変申し訳けなく、お許し願いたく思います。
雑柑の花続き
2006/05/24
柑橘類の花は白色が大半を占めます。庭に咲く「もっこく」の純白さにも高貴さが漂っています。写真左より、はるか、せとか、はるみ
雑柑の花
2006/05/24
朝から良い天気に恵まれました。新種の雑柑の花を紹介します。写真左よりデコポン、たまみ、麗紅
子房
2006/05/22
21日は晴天で暑い一日。みかん園の光景は遅花が開花していますが、花弁が茶色く変色し、また落ちて子房が現れているのを見かけるように成りました。柑橘類の果実は子房が肥大したものです。子房、柱頭、柱花を雌しべと言い、雄しべは、葯、花系の部分のことです。温州みかんは、雄しべの花粉を必要とせず、自家受粉で果実となります。雄しべは退化しています。新植した苗木の春芽も長く伸びてきました。
雨の日々
2006/05/18
昨日の雨がみかんの花や新葉で朝露となり、陽に照らされキラキラ輝き、花の蜜の香りが強く感じさせられる朝方でした。2日程梅雨のはしりかと思わせるような雨が続きました。いま頃、みかんには乾燥が続き過ぎるより適度な湿りが良いのですが、曇天で日照時間が少なるのが困りものです。
みかんの花満開
2006/05/15
13~14日にかけてが満開の様でした。場所によってピークが済んだ木もみられます。接ぎ木の芽も長くなつたもので5~6㎝に成長しています。今年度第一回目の谷山薬散組合の共同散布を実施しました。
除草
2006/05/12
雨の降る日が多く、また陽気な天気に誘われてみかん園の雑草も、新葉の成長や花の開花に負けじと蔓延ってきました。
下枝が隠れるぐらい覆い被さり花や新葉を害するので、かぶ基の周辺を除草してから除草剤を散布します。満開に向けて秒読み段階に入っているので花の蜜を吸いに蜂が頻繁に飛来しています。
みかんの赤ちゃん誕生
2006/05/11
ここ2,3日ぐずついた天気が続いています。みかんの開花に伴い甘酸っぱい花の香りが園内や家の周辺に漂い始め、特に湿気を含んだ日の朝夕は強く感じます。みかんの花は満開間近ですが花は少く今年の収穫量は減と成りそうです。早くに開花した花は、花弁も落ち果実の赤ちゃん誕生です、しかし間近に生存をかけての生理落下のハードルが待ちかまえています。
庭の岩の間に一輪咲いていたのでシャッター押しました。

前ページTOPページ次ページHOMEページ

- Topics Board -